HOME
賃料鑑定評価手法について

賃料鑑定評価手法について

賃料はどういう基準で決められているのでしょうか?

借り手側は目に見えない部分であるため、それが適正賃料であるのかを判断することは困難です。
貸し手側もただ漠然と賃料を決めているわけではなく、一般的に下記のような評価手法を用いて賃料を算出しています。

新規賃料鑑定評価手法

新規の賃貸借契約時に決められる賃料を求める評価手法です。

継続賃料鑑定評価手法

現在、継続中の賃貸借契約において改定される場合の賃料を求める評価手法です。


ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™