HOME
賃料減額事例え!いきなり売上150%UP

減額事例インタビュー


え!いきなり売上150%UP

経営戦略室室長様

自社ブランドにて展開するエステティックサロンの経営

全国に百数十店舗のエステティックサロンを運営。
徹底してお客様の立場に立った接客とサービスで、他のエステサロンとは一線を画し、現在も幅広い年代層のお客様に支持されながら、流行に左右されない高レベルのサービスで知られています。

家賃110番®へのきっかけは?
こういう事業があることは、先日の新聞記事を見るまで知らなかったのですが、専門の方に任せて効果的なコスト対策ができるなら是非一度検討したい、ということで、色々調べていたんです。
知り合いにも声をかけて良さそうな数社をピックアップし、お声がけさせていただいたのですが、その中の1社が家賃110番®さんだったわけです。
サービス内容についてはどのように思われましたか?
内容というよりも、お会いして意外に思ったのは、「経営コンサルティング」「不動産調査・診断」と、一見堅そうな事業をされている御社の方が、非常に明るく、笑顔で、感じの良い対応をして下さったことです。
どちらかと言えば、これまで士業や専門家の方というと、あまり印象が良くないというイメージが強かったですし、実際にこれまではそういったイメージの企業さんが圧倒的に多かったですからね。
結局、御社の考えをお聞きして、私共の事業との共通点や共感できる点が非常に多く、内容としても、成功報酬制を採っておられる点やノウハウなど、十分に納得できた状態で依頼をさせていただきました。
ありがとうございます。
ところで、共感していただいたのはどんなところだったか教えていただけますか?
そうですね。まずは接客やサービスに対する考え方です。実際私共では、若い女性スタッフが中心となって店舗を運営していますが、入社の時点では、接客という以前に「きちんとした挨拶」「きちんとした掃除」さえできない、という人も少なくありません。
でもね、挨拶なんかっていうのは、仕事云々の前に社会の基本でしょう?そういうことが当たり前にきちんとできて、そこでやっと「接客とは?」「サービスとは?」というものを学ぶ資格があるんじゃないかと思うんです。
その点、御社では、接客業ではないにも関わらず、みなさんに丁寧な応対や元気のよい挨拶をしていただいて大変嬉しく思いました。後からきくと、御社では「当たり前のことが当たり前にできないような人間に何ができる!」という考えなんだとか(笑)。私も全く同感です。
気になった点はありましたか?
そうですね、気になった点というよりも、多少手がかかったのが、店舗ごとに管理していた賃貸借契約書を全て手元に揃えなければならなかったのと、店舗ごとの詳細情報を集めるところです。
弊社では店舗数こそ多いものの、ビルインの店舗ばかりですし複雑な契約のところが無かったので、まだ助かりました。
今回、賃料が減額となってみていかがでしたか?
やはり数字を見ると恐ろしいですね。今のところ結果が出たところの平均で従来の賃料の15%が減額され、家賃比率でいうと約6%も下がりました。
家賃比率が6%下がったというのは、実はすごいことで、数字の話だけで言えば、売上が今までの1.5倍以上になったのと同じ家賃比率なわけです。
これまでは完全に大家さんの言いなりでしたし、家賃比率も売上に対し16%〜21%程度のところが多かったのですが、突然経営体質が変わってしまったようなもので、その成果に驚いています。
これまでは集客を考えると家賃が高くなっても仕方がない、という考えでしたし、飲食店などと比べると「収益性は悪くない」という油断があったのかもしれません。
賃料は御社にとってどんなものとお考えですか?
うーん、そうですね、一等地であるとかビルのグレードというものが、お客様の信頼度を高めるとか、従業員のモチベーションを高める、大きな要素になるので、どうしても高くなってしまいがちです。
私共では、お客様にとっての入りやすさ、特に美容業界ではいいかげんな企業さんもありますから、入り口でお客様にとっていかに安心感を与えられる店舗か、というのは大きなポイントになります。
また、そこで働く女性スタッフにとっても同じように、きれいなサロン、立派な受付、という形が一つのステータスである場合がほとんどです。
仕事第一という考えばかりではない、若いスタッフの意欲をどのように高めていくか、と考えたとき、その家賃の中に人材育成の要素がかなり含まれているようにも感じることがありますね。
今後力を入れて行きたいところはどこですか?
賛否両論かと思うのですが、これからは、50代以上の顧客に特化した店舗を試験的に導入して行きたいと考えています。
実際、意外に思われるかもしれませんが、従来のサロンでも顧客層は、一番は20代後半〜30代前半、二番目は55歳以上で、55歳以上のお客様が増えています。
現在で私共の店舗にご来店いただくお客様の半数は会員となっていただいていますが、50歳以上の方だけで見ると、62%〜63%の方が会員となっていただいている。若い女性向けのエステ市場は完全に成熟した市場ですから、次の課題は新しい顧客層の開拓となって行くでしょう。
最後に「家賃110番®」サービスについて一言お願いします
そうですね、失礼な言い方かもしれませんが、御社の場合は、とても真面目で謙虚な姿勢で伸びているところが最大の魅力だと思っています。
そういった姿勢が従業員の方のモラルの向上や事業自体の質の向上、ひいては顧客満足というところににつながっているのでしょう。是非これからも頑張って下さい。

N室長ありがとうございました。
お客様にいかに喜んでいただけるか、それが私たちの原点なので、そこを評価していただけるのはとても嬉しいですし、励みになります。
私たちの社内では、お客様と接する時以上に、”基本”を意識するようにしています。きっと、「中できちんとできなければ、外に行ったところで絶対にきちんとはできない」から。でも、接客のプロである御社からの評価というのは、率直に嬉しい!の一言です。
お忙しい中、本当にありがとうございました。


ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™