HOME
コスト削減で生み出す企業のチカラコスト削減が進まない理由

コスト削減が進まない理由

コスト削減への考え方が、今後の取り組みを左右します

やらなければいけないとわかっていても実際はなかなか行動に移せないコスト削減への取り組み。
では、どういった要因があって思い通りに進まないのでしょうか?
その原因を考えてみたいと思います。

共通認識

コスト削減の取り組みが全社員に浸透していない

全社一丸となって行うことではじめてスタートラインに立つことができます。
高い意識をもって取り組みましょう。

現状把握

「現場」のコストがどれほどかかっているのか分からない

見えていないコストを削減するのは至難の業です。
まずはコストの見える化を進めていきましょう。
数字として見えてはじめて、行動に移すことができるようになります。

目標設定

無茶なコスト削減目標を設定している

経営者レベルからの無茶な要望は達成されにくい。
現場レベルで無理なく取り組める範囲で進めていくのがよいでしょう。

効果の検証

取り組んでいるつもりなのに、成果が出ていない

効果の検証ができていないと、どこに原因が潜んでいるのかわかりません。
原因を見つけ出し、つもりから抜け出すように対処する必要があります。

成果の公表

どれほどの改善がみられたかを公表していない

成果に対する評価がないと、継続していくことは困難です。
定期的に進捗状況の報告を行い、確実に成果が出ていることを公開すべきです。

削減額の利用方針

使い道を明確にしていない

削減したお金をどういった物に使用していくのかを明確にしておく。
賞与として分配、設備投資、新規事業への原資など

環境への取り組み』を読む

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™