HOME
家賃侍が不動産業界を斬る!


不動産業界にまつわる話題を中心にお届けする家賃コラム。
家賃侍が語る不動産業界とは?

マンション性能を斬る!(後編)

マンション選びで失敗をしないように、どこを見ればよいのかをポイントを挙げて紹介しています。
 

マンション性能を斬る!(後編)

マンション性能を斬る!(前編)

マンション選びで失敗をしないように、どこを見ればよいのかをポイントを挙げて紹介しています。
 

マンション性能を斬る!(前編)

中古物件市場を斬る!

下落傾向が続く中古物件市場ですが、今度どのように推移していくのでしょうか?今回は中古物件市場にスポットを当てていきます。
 

中古物件市場を斬る!

省エネ住宅を斬る!

使用するエネルギー量を少なくできる住宅が省エネルギー住宅です。「地球温暖化問題」をきっかけとして注目を浴びている省エネ住宅について見ていきましょう。

省エネ住宅を斬る!

2012年不動産市況を斬る!

震災後の復興需要が見込まれる2012年ですが、不動産市況はどうなるのか?今回は「2012年の不動産市況」にスポットを当てていきます。

2012年不動産市況を斬る!

不動産鑑定の役割を斬る!

東日本大震災を受けて、自宅や店舗の資産価値を知りたいというニーズが高まりつつある今、不動産鑑定のプロフェッショナルである不動産鑑定の役割をみていきましょう。

不動産鑑定の役割を斬る!

復活する住宅エコポイント制度を斬る!

2010年7月末で終了となった「住宅エコポイント制度」が今復活する見通しとなっています。不動産市場の低迷が続く中、市場活性化の切り札となるのでしょうか?

復活する住宅エコポイント制度を斬る!

アメリカの経済事情を斬る!

現在日本では震災後の復旧に各方面とも力を注いでいますが、不動産市場を見るに当たって、この国内事情だけでなく欠かすことの出来ない要因のひとつがアメリカの財政事情です。

アメリカの経済事情を斬る!

東日本大震災後の不動産市況を斬る!

2011年3月11日の東日本大震災。この未曽有の大震災は日本全土の大きな傷跡を残しました。震災後の不動産市況はどのように影響を受けていくのでしょうか。

東日本大震災後の不動産市況を斬る!

2011年不動産市況を斬る!

リーマンショック以来、不動産市況は大きな波に飲まれています。今回は予測の難しい「2011年の不動産市況」にスポットを当てていきます。

2011年不動産市況を斬る!

住宅エコポイント制度を斬る!

新築住宅購入の強い味方「住宅エコポイント制度」。今回はこの「住宅エコポイント制度」にスポットを当てていきます。
 

住宅エコポイント制度を斬る!

めやす賃料表示を斬る!

2010年10月から賃貸住宅の募集・契約においてスタートする「めやす賃料表示」。今回はこの「めやす賃料表示」についてスポットを当てていきます。

めやす賃料表示を斬る!

住宅ローン減税を斬る!

イホームを持つ人、あるいは購入を検討している人にとって気になるのが、大幅に引き上げられた「住宅ローン減税」。今回はこの「住宅ローン減税」にスポットを当ててみましょう。

住宅ローン減税を斬る!

フリーレントを斬る!

貸主借主双方にとってメリットが有るフリーレントですが、注意すべき点もあります。今回はこの「フリーレント」にスポットを当ててみましょう。

フリーレントを斬る!

中国不動産バブルを斬る!

このところ成長著しい中国経済。その中でもとりわけ成長の原動力となっているのが、中国の不動産業界です。今回はこの中国不動産業界にスポットを当てていきます。

中国不動産バブルを斬る!

固定資産税を斬る!

固定資産税は、保有する固定資産(土地・家屋・償却資産)について課税される地方税です。不動産売買では切っても切れない税ですが、その複雑さ・問題点の多さから様々な議論が交わされています。

固定資産税を斬る!

建設協力金を斬る!

建設協力金とは、一言でいうと建物の借主が貸主に預託するお金のことです。つまり、ロードサイド店舗等の事業用建物の賃貸借契約で、賃借人が賃貸人に対し建物の建設費用を預けるというものです。

建設協力金を斬る!

立退き料を斬る!

立退き料は本来、賃借人を保護するためのものであり、立退き料はケースバイケースで相場というものがありません。そのため、どのような要素で立退き料が決まるのかを知っておく必要があります。

立退き料を斬る!

不動産の証券化を斬る!

不動産を証券化することで、個人投資家が不動産投資に参入しやすくなり、日本の個人金融資産を流動的にして経済を活発にすることができます。

不動産の証券化を斬る!

更新料を斬る!

更新料は、賃貸借契約を更新する際に借主が貸主に支払うお金ですが、その更新料の正当性を争う訴訟問題が増えています。
 

更新料を斬る!

住宅・土地統計調査を斬る!

住宅・土地統計調査から住宅の数、住宅の種類、居住している世帯の状況、土地の保有状況などを知ることができます。少子化を迎えるにあたり、今後参考にしていきたい指標です。

住宅・土地統計調査を斬る!

消費者物価指数を斬る!

継続賃料を算定するうえで用いられる指標が消費者物価指数です。一般に物価の上がり下がりの判断に用いられますが、どういった原因で上下しているのかを把握することが大切になってきます。

消費者物価指数を斬る!

200年住宅を斬る!

200年住宅の実現により、耐震性に優れた住宅を普及させ、廃材による環境破壊を抑える効果が期待されます。現状の30年住宅からいかに200年住宅に近づけるかが今後の課題となります。

200年住宅を斬る!

改正建築基準法を斬る!

消費者の立場を考えて改正された建築基準法であるが、着工の遅れなどが発生し、結果的に消費者側、建設側ともに不利益をこうむる事態に発展している。

改正建築基準法を斬る!

家賃保証を斬る!

土地の有効活用で賃貸経営をはじめる人が増えていますが、家賃保証という言葉をそのまま鵜呑みにすることなく、きちんと下調べを行う必要があります。

家賃保証を斬る!

借地借家法を斬る!

借地借家法は、借主と貸主の力関係のバランスをとるために規定されましたが、借主保護という観点が強すぎたため、貸主の貸し渋りが見られるようになりました。

借地借家法を斬る!

印紙税を斬る!

印紙税は、収入印紙を貼ることにより納付するものですが、貼り忘れなどでペナルティを受けることがあります。そういった事態に陥らないための注意点を紹介しています。

印紙税を斬る!

不動産と消費税との関係を斬る!

不動産取引についても基本的には消費税がかかりますが、例外的に消費税がかかないケースがあります。この点について、土地、建物、その他の観点から説明していきます。

不動産と消費税との関係を斬る!

敷金を斬る!

敷金とは、修復費用を担保するために借主から貸主に支払われるお金のことです。しかし、借主の費用負担の範囲はあいまいで、自然消耗などで敷金が返還されないトラブルも多く発生しています。

敷金を斬る!


ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™