HOME
賃料減額事例物件事例 4. 飲食店

減額事例紹介

賃料減額を受けて

3店舗のうち、2店舗は郊外、1店舗はテナントで営業していますが、この駅前店はもともと別のオーナーの持ち物で、先に出店した2店舗が順調で次の出店を検討していた時、本部からの勧めで、オーナー変えという形でこの店舗を引き継ぎました。

しかしその直後にバブルが崩壊し、賃料の高いこの駅前店は、当初回収5年での回収計画が10年以上たった今も回収できていない状況です。

本部を通して何度か減額の打診をしてもらったのですが、金額的にはほとんど変わりませんでした。 今回、高額な保証金も一部返還してもらうことができ、賃料は月々33万円もの減額。

同じ業態のFCだけではでなく、リスクヘッジのために他業種の経営も始めたいとずっと考えていたので、今回のことがとても良いきっかけになりました。

既存店は任せられる人材が揃っているので、戻ってきた保証金をもとにもう一度別の事業を立ち上げようと思っています。

賃料減額事例
企業別事例 … 多店舗展開企業様なら億単位の原資創出も可能
物件別事例 … 各物件別の事例をご紹介します

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™