HOME
不動産の資格一覧土地区画整理士

土地区画整理士

公正な立場で土地提供者間の利害を調整し、土地区画整理事業の円滑な進展を図る資格。

土地区画整理士とは、都市の区画整理・環境整備などの土地区画整理事業の推進について中心的な役割を担う専門家。
土地区画整理事業に関する専門的知識の維持向上を図ることを目的とした国家資格です。

土地区画整理士試験の概要

試験の内容 学科試験
  1. 土地区画整理事業総論
  2. 換地計画
  3. 土地評価
  4. 法規
実地試験
  1. 換地計画
受験資格
  • 大学卒業後 実務経験年数
    ・指定学科―1年以上
    ・指定学科以外―3年以上
  • 短期大学・高等専門学校卒業後
    ・指定学科―2年以上
    ・指定学科以外―4年以上
  • 高等学校卒業後 実務経験年数
    ・指定学科―3年以上
    ・指定学科以外―5年以上
  • 不動産鑑定士・不動産鑑定士補 実務経験年数
    ・2年以上(ただし大学の指定学科卒においては1年以上)
  • その他の者 実務経験年数
    ・8年以上
受験料 学科・実地試験…18,000円 実地試験のみ…9,000円
試験日時 9月上旬頃
合格発表 12月中旬頃
難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
合格率 50%前後
目安学習時間
目安年収 500〜600万円前後
独占業務 特になし。名称独占
登録 「土地区画整理士技術検定」に合格後、免許の申請登録をする必要があります。
過去の合格者
(直近1年間)
実施年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 合格点
2011年
(平成23年)
301人 100人 33.2%
問い合わせ先 財団法人 全国建設研修センター

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™