HOME
不動産の資格一覧ビル経営管理士

ビル経営管理士

ビル経営管理士ビルのプロパティマネジメントのエキスパートとして
必要な知識と経験を有する者に与えられる資格

ビル経営管理士とは、延べ面積が1,000平方メートルを超える賃貸ビル経営の専門家です。
ビル経営・管理の為に必要な計画立案能力、テナントに対し、不動産に関する各種契約交渉、賃料回収等を行う能力、建物の維持保全に必要な知識等が問われます。
民間資格で、ビル管、ビル管理士と略して呼ばれることが多い。

ビル経営管理士試験の概要

試験の内容 1〜3の3科目については択一式、用語選択式。
4は3科目を一括した記述問題。
  1. 賃貸ビルの企画・立案に関する知識
  2. 賃貸ビルの賃貸営業に関する知識
  3. 賃貸ビルの管理・運営に関する知識
  4. 総合記述・・・・科目を一括した記述問題
受験資格 誰でも可
受験料 31,500円(登録料 21,000円別途)
試験日時 12月中旬頃
合格発表 1月末旬頃
難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
合格率 70%前後
目安学習時間
目安年収 300〜500万円
独占業務 ビルの賃貸経営は、ビル経営管理士の独占業務というわけではないのですが、階数が5階以上で、総面積が1,000平方メートルを超える大型賃貸ビルの不動産特定共同事業の場合は、ビル経営管理士を置くことが、国土交通省によって定められています。
登録

ビル経営管理士の認定を受けるには以下の条件を満たしてること。
有効期間は5年間です。5年毎に更新登録が必要となります。

  • 5年以上の実務経験と賃貸ビル管理の実務経験、2年以上の者。
  • 不動産経営管理の実務経験、5年以上でビル経営管理士講座の修了者。
  • 賃貸ビル経営の実務経験、3年以上の者。
  • 賃貸ビル管理の実務経験、2年以上でビル経営管理士講座の修了者。
過去の合格者
(直近4年間)
実施年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 合格点
2007年
(平成19年)
770人 698人 482人 69.1%
2008年
(平成20年)
715人 641人 448人 69.9%
2009年
(平成21年)
698人 630人 432人 68.6%
2010年
(平成22年)
600人 544人 390人 71.7%
問い合わせ先 財団法人 日本ビルヂング経営センター

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™