HOME
コスト削減で生み出す企業のチカラオフィスのコスト削減一覧電話代削減

電話代削減

電話の固定料金を減らすことがコスト削減への近道です

通話時間がほとんどなくても同じくかかってくるのが、電話の固定料金です。
この固定料金を減らすことができれば、コスト削減に繋がります。

会社・お店によっては、電話回線、インターネット回線、ADSL回線などで何回線も使用しているところも多いかと思います。しかし、よほどの理由がない限りは、専用回線を引くことにはあまり意味がありません。当然ながら固定料金もその回線分発生します。専用回線として分けるメリットが固定料金以上にあるのでしょうか?
ないと断言できるのであれば、統合できるものは統合してしまうのが望ましいでしょう。
これで想像以上のコスト削減を実現できるはずです。

電話代を節約するPOINT
  • 回線をできるだけ減らしてみる

多くの回線を有する会社の場合、一括請求サービスの利用を検討してみるとよいでしょう。
市内、市外、国際電話、インターネットに携帯電話と、通信各社のサービスに対し、別々の通信料が発生します。その各回線の請求書を一括にすることで、毎月の請求処理、請求書代などをカットすることができるサービスです。

携帯電話料金の節約

ビジネスの目的に合わせた料金プランの選定が節約のカギです

ビジネスからプライベートまで、いまや必要不可欠な携帯電話。
携帯電話料金は、ビジネスの目的に合わせた料金プランを選ぶことからスタートします。
料金プランや割引サービスを上手に利用することで、コストの削減ができる分野です。

携帯電話代を節約するPOINT
  • 目的にあった最適なプランを選ぶ
  • 割引サービスを活用する

IP電話を活用する

IP電話とは、インターネットを活用した電話サービスのことです。
今までの電話と違い、無料化(あるいは格安料金)を可能にしたのが大きな特徴です。
なかでもSkype(スカイプ)は、インターネット通話だと無料で利用できるため、多くのユーザーを獲得しています。

Skypeのメリット

  • 無料で通話が可能になる。
  • メッセージ送信、ファイルの送受信も行える。

Skypeのデメリット

  • パソコンとマイクを用意する必要がある。
  • 相手のパソコンにもskypeがインストールされている必要がある。

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™