HOME
コスト削減で生み出す企業のチカラオフィスのコスト削減一覧郵送費削減

郵送費削減

現在の利用状況を知ることが最適化への第一歩になります

インターネット・電子メールが普及した現在でも、郵便や宅配便の利用は欠かせません。
郵政公社の民営化により、今後も便利なサービスが登場するものと思われます。定期的に確認することをお勧めします。

最適なサービスを探すためにインターネット上の「郵便料金シミュレーター」や「送料の虎」などのお役立ちサイトを活用してみましょう。
一定期間の利用内容、頻度、コストなどを洗い出した上で、自社にあったプランを調査します。
大きな数になりそうな場合は、各社が提供している大口割引サービスを検討してみましょう。

郵便代の節約

用途に応じたサービスを利用することで、コストを最小限に抑えることができます。
適材適所に対応できるよう、郵便局も様々なサービスを展開しています。

書き損じのはがきを交換

書き損じのはがきは、1枚5円の手数料で新しいはがきや切手に交換してもらえます。
官製はがきは一枚50円なので、新しいものを買うより断然経済的です。

エコーはがき

「エコーはがき」は、はがきの表面下部分に企業の広告が印刷されたはがきのことです。
広告主が1枚につき5円を負担しているため、普通のはがきよりも5円安い45円で購入することができます。ただし、発行枚数が少ないため、若干入手が困難です。

郵便代を節約するPOINT
  • 1個あたりの割引額はわずかでも、積み重なると大きな節約効果になる。
  • 新しいサービスが登場していないか、定期的に確認する。

宅配便代の節約

宅配の送料は、重量、配達先によって変わりますが、各宅配会社がさまざまなサービスを実施しており、利用することで荷物1個につき50〜200円程度の割引が受けられます。

メール便

ヤマト運輸の「クロネコメール便」は、A4サイズの荷物を全国一律80円(翌日配達はプラス100円)で配達可能です。本や書類などの比較的軽い商品を送る時に便利サービスです。
※ 2015年3月31日を持ちまして、クロネコメール便は廃止となります。

バイク便代の節約

突然のトラブル等ですぐにデータ等を届けなければならないとき、バイク便はとても助かります。
しかしバイク便のコストは高く、都内でも距離によって1,000〜5,000円程度(1回当たり)かかります。
非常に便利ですが、月に何度も使う場合は、他の方法も検討した方がいいでしょう。

オンラインストレージ(大容量ファイル転送サービス)

大きなデータを送るために、バイク便を使ってCD-RやDVDなどを郵送している場合、オンラインストレージの活用が効果的です。メールの添付ファイルでは送ることができないほど大きなデータを送る方法として、従来はバイク便が一般的でした。
しかし、通信技術の革新により、今ではインターネットを利用して、大きなデータのやり取りを低価格で行うことができるようになっています。

費用は、容量や通信速度などによりさまざまです。
コスト削減効果のほかにも、データ送信に時間がかからない(即時性)ことや、データが外部に漏れることがない(安全性)ことなど、多くのメリットがあります。

バイク便代を節約するPOINT
  • 計画的に業務を行い、できる限り郵便や宅配を利用する。
  • データの郵送には、オンラインストレージを利用する。

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™