HOME
コスト削減で生み出す企業のチカラオフィスのコスト削減一覧保険代削減

保険代削減

保険の補償内容を見直したことはありますか?

すすめられたままの保険を長年契約し続けていませんか?
必要以上の補償内容で余分な保険料を支払っていませんか?
保険の補償内容を見直すことが、削減への第一歩になります。

契約内容セルフチェック【企業向け火災保険の場合】

下記の項目に一つでもチェックが入れば、コスト削減できる可能性があります。

保険証券がたくさんあって管理が煩わしい

  • 保険証券が何枚もあり、また保険の満期日がバラバラで
    管理や更改手続きが煩わしく
    ありませんか?
  • すべての建物、設備、什器、商品に対して保険契約の漏れはありませんか?

補償内容を把握できていない

  • 商品の盗難補償や建物へのいたずら書きなど偶然な事故は補償されていますか?
  • 火災事故などによる利益の損失や営業を継続するための費用は補償されていますか?

補償される事故の補償額が同一になっている

  • 火災事故や水災事故の補償額が同じではありませんか?
  • 小さな事故については、自己負担でもよいのでは?

保険料の低減についての提案を受けたことがない

  • 必要以上の補償内容で余分な保険料を支払っていませんか?
  • リスク(立地状況・建物構造・防犯・防災対策など)に応じた割引は適用されていますか?

損保110番一つでも気になる点があれば、
こちらをご覧ください。

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™