HOME
コスト削減で生み出す企業のチカラオフィスのコスト削減一覧電気代削減

電気代削減

使用目的に沿った最適なプラン選びがコスト削減への近道です

一般的に電力供給は、昼間に使用量のピークが来て、夜間は使用量が減る傾向にあります。

電力会社としては、発電設備を平準化したほうが生産コストが安くなるため、昼間の使用を抑制し、夜間の使用を促進することが多いようです。

そのために、利用者にあった契約プランを豊富に用意しています。

特定の時間や曜日に使用が集中している、特定の季節に集中しているなど、特殊な使用形態を行っている場合は、最適なプランへの見直しで、コスト削減を実現することが可能になります。

電気代の節約

電気代節約の基本は、無駄な電気は使用しないことです。
知らず知らずのうちに電気をつけっぱなしにしていることが多々あります。

これを解決するために、電気の使用状況や電気代が表示されるシステムなどを導入し、社員全員に意識させることで、電気代の節約につながります。

電気代削減で思い出すのは、節電システムなどを利用した経費削減方法です。
それについては、コスト削減アイテムの削減ページで紹介しております。ご参考ください。

電気代を節約するPOINT
  • 空調のフィルターはこまめに洗浄する。
  • 消費電力の少ない照明器具の使用する。

契約プランを見直す

2000年に大口向けの電力小売が自由化されました。
現在では、電力会社も様々な割引プランを打ち出しています。

現在契約している契約プランは適切でしょうか?
当時は最適だと思っていたプランでも時間とともに使用量にも変化が出ているはずです。

電力会社の中には、「選択約款」という電気の契約メニューが存在します。
選択約款は、プランを自由に選ぶことができ、電力契約は1年単位の自動更新になります。
電気の使用状況が毎年変わるのであれば、毎年電力契約を変えていくことも可能になります。

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™